BLOG

壁塗り替え

2020/05/26
ロゴ

皆さんこんにちは。

今日は壁の塗り替えの必要性についてお話しします!

2020年現在、建ててから永久的にメンテナンスがいらない壁、屋根、は存在しておりません。

壁ならモルタル、化粧サイディング、サイディングの上にリシン吹き、

屋根なら、ガラバリウム屋根、カラーベスト、瓦、などなど

沢山種類があります。しかしこれら全ての材料は必ずメンテナンスが必要になります。どうしてでしょうか?

 

答えは簡単。家は雨と紫外線によって常にダメージを蓄えている状態です。もちろん風もあります。

壁に関してはチョーキング現象(触ると手に白い粉がつく)が最初にわかりやすい症状です。

塗膜が雨や紫外線によって壊されて浮き出ている状態です。

塗膜がない状態の壁というのは、言い換えればコート着ずに寒空を歩いてる様な状態です。人間ならもちろん風邪をひきますよね?

新築時はいわば肌着を着て、シャツを着て、コートを着ている状態です。

年数が経てばコートが汚れてボロボロになり、シャツも汚れてきた、肌着もボロボロ、こんな感じです。

寒空の下、コートがボロボロ、シャツもボロボロ、人間なら体調で分かるものが、壁や屋根ならチョーキングという現象で我々にサインを送っているのです。

体調が優れない状態で、毎日毎日仕事をして運動をして、人間なら身体が壊れて入院をしないといけません。

数日で治るただの風邪が、放置した結果入院しないといけない。

それが壁の塗り替えを推奨している理由です。

建物で言えば、入院というのは壁や屋根そのものを全て取り換えないといけない状態です。いわば手術ですね。

取り替え工事には多大な費用が必要になります。今現在の材料の処分だけで何十万円も必要になります。それに放置した結果下地(骨組みなど)などもひどく傷み、下地のやり直しが必要になります。やり直しが必要になれば、それもかなりの費用が必要になります。

もちろん人間の病院と建物を一緒には出来ません。費用も全然違います。

しかしただの風邪(塗装)なら、80万円程度で済んだものが、放置をして入院(全てやりかえ)すれば、費用は、、、恐らく400〜500万円必要になるかと思います。

しかも退院した後も、定期的にメンテナンスは欠かせません。

放置した結果、メンテナンス費用の何倍もかかってきます。

40年住むと仮定して10年に一度メンテナンスをした場合、

80万円×4回(10年に一度)=320万円。

 

40年住むとし、20年放置して入院し、その後は定期的にメンテナンスをした場合

400万円(20年目)+80万(30年目)+80万(40年目)

560万円です。

同じ家でこれくらいの差は出ます。

しかも放置した場合の工事の方が少ないのにです。

差額なんと240万円です!!!240万あれば、キッチンも新しく出来る、お風呂も、バリアフリーも出来るかも、車も買えます。

これほど多く変わります。もちろん単純計算なので全てがその様になるかは断定出来ませんが、可能性はかなり高いです。

40年目のメンテナンスをしなかった場合でも160万円の差額です。

しかもかたやメンテナンスをした場合、塗り替え直後の綺麗な状態で40年目を迎えるのに対し、

放置した場合、塗り替えなどは10年前が最後、そろそろメンテナンス時期がきてるため見た目が汚れている のです!!!

高額な費用をかけているなも関わらずです。

屋根、壁の塗り替えがいかに必要があるか分かりましたか?

トータル的にお金をかけずに綺麗な健康な状態を保つ為には定期的にお金をかける必要があります!

日本は建物にとって高温多湿の過酷な状況です。家は買えば終わりではありません。

たかが塗り替え、されど塗り替え

気分も必ず変わります!家に帰るのが楽しくなる、そんな家を目指しましょう!!

 

奈良 大阪 での塗装工事、塗り替えのご相談はいつでもお受けいたします。

相談は無料!

実際にお伺いして今現在お家がどの様な状態なのかをご説明いたします!もちろん無料!

元々ただの職人で営業マンではありませんので、敬語など言葉違いが間違っていたり、口か上手い訳ではありません。

一生懸命お客様の立場で考える事でそれらを補います。

安心安全な塗装業者!なんてどこでも言う様なセリフも言いません。

僕の知識と技術をぜひ利用して下さい。僕もバカなりに、お客様の立場で一生懸命考えます!

最後までお読み下さりありがとうございます。