BLOG

外壁塗装の下地は大切です

2019/10/04
ロゴ

最近お客様からよく、外壁の塗装に使う塗料の種類は何ですか?

とよく質問されます。

アクリル ウレタン シリコン フッ素

など今現在様々な種類の塗料がでています。

〇〇系〇〇なども含めますとかなりの数があります。

塗料の種類ももちろん大切です。

しかし塗料の種類だけじゃなく、その前に塗る下地がとっても大切なんです。

調べるとすぐ分かると思いますが、シーラー フィーラー などが一般的によく使われています。

糊の役目や、少し厚みを出す時などに使います。

サイディングの場合、一般的にシーラーという下地を使います。

よく塗装屋さんが言う三回塗りというのは、

下地(シーラー、フィーラー)×塗料(中塗り)×塗料(上塗り)=三回塗り です。

しかし外壁などが乾燥している場合ものすごく下地塗料を吸う事があります。

下地を吸った外壁はそのままですとムラになる事がよくあります。

その場合、僕達はもう一度下地を塗ります。

ムラがなくなってからが三回塗りの始まりです。

そして乾燥期間の始まりです!

よく塗って、よく乾燥させて、又塗る。

 

とっても大事な事です。それによって高級な塗料を使用したところですぐに駄目になる事があります。

最近よくニュースで悪質な業者もよく聞きますし、実際に訪問販売しているところも見たこともあります。

皆さま塗料のグレードや種類だけじゃなく、下地にも気をつけて、こだわってみてください!